【カメが】IMMATURE GUY【好きです】

syosyo.exblog.jp ブログトップ

我が家のカメ紹介03~ホルスフィールドリクガメ

d0077078_23532985.jpg

2006年5月4日到着、ホルスフィールドリクガメ(Testudo horsfieldii)です。
我が家初のリクガメです。リクガメ伝説はここから始まった…(謎
他にロシアリクガメ、ヨツユビリクガメという和名がついていますが、
個人的に学名呼びするのが好きなので、ホルスフィールドで呼んでます。

このカメは日本で飼育するのに最も適したリクガメだと思います。
それは… 単純に冬眠する事ができるからです。
その特性を生かし、そこそこの庭を持つ方なら年中屋外飼育が楽しめます。
なぜそこそこかというと、このカメは最大20cmとそこまで大きくなりません。
それもまた、日本の住宅事情に適しているかと思います。
ただ、このカメは穴を掘るのが非常に上手なので、
庭に放しておくと掘りまくって何処かに行ってしまうかもしれませんw

飼育は他の乾燥系リクガメに準じると思います。
我が家でのケージは衣装ケースです。
床材はヤシガラを敷いています。本当は砂が良いのでしょうが…
乾燥系ですが、我が家では小バットに浅く水を張り、設置しています。
このバットにはたまに浸かるようです。たまに糞も中でします。
紫外線灯を設置するお金もありませんので、外に置きっぱなしです。
日陰を作ってあげれば、それが一番良いのかも知れませんね。

餌は本当に適当です。申し訳ないのですが、何も考えていませんw
基本的にコマツナ、チンゲンサイ、モロヘイヤです。王道ですね。
そして付け合せにキュウリやニンジンを細かく切って与えます。
給餌の間隔も適当です。毎日与える必要は無いと思っています。
少なくともミズガメでは毎日の給仕は必要ありませんよね。
リクガメはどうなのか良く分かりませんが… 自然界でそんな食べないと思う…
なので2~4日に1回です。たまに5日空く時もあります。
今はとりあえず現状維持しようと思います。間違いあったら指摘下さい。

上から背甲、腹甲、歩く姿
d0077078_082636.jpg
d0077078_083483.jpg
d0077078_084152.jpg

[PR]
# by syosyo828 | 2006-07-28 23:52 | リクガメ

我が家のカメ紹介02~ニホンイシガメ

d0077078_1164463.jpg

2006年4月7日に購入しました、ニホンイシガメ(Mauremys japonica)です。
店に1匹だけ大切に飼われていて、あまりの渋さに購入してしまいましたw
多少尾切れはあったものの、皮膚病も無く爪とびも甲ズレも無かったので、
これは買うしかないなと思いました。(しかも安くして貰いましたw)
この個体は虹彩が抹茶色です。(←飼い主バカ)

ニホンイシガメの特徴と言えば、非常に”渋い”所ですね。(2回目)
あとは陸棲傾向が意外と強いという事でしょうか。あと低温に強い。
そしてこいつは日本固有種です。覚えておいてくださいw
よく「皮膚が弱く飼育が難しい」と言われますが、飼育法を間違えなければ
これ程丈夫なカメはいないと思います。最強です。
冬でも水道水を直で入れても大丈夫です。野生では4℃でも大丈夫らしいですw

実は陸上でかなり活動するんです。良く見てください、このたくましい足を!!
このがっしりした足で、陸地をザクザクと歩くんですよ。
しかも鱗が大きい=乾燥に強いという事を物語っています。

ニホンイシガメを飼育する時は、衣装ケースに人工芝1枚入れて、
人工芝の上は乾くぐらいに水を入れます。浅いです、でも大丈夫です。
これだけで健康に飼えます。加えて外に置くとなお良いですね。

ニホンイシガメは初心者向けであり上級者向けです。
皆さんもこの異常な程の”渋さ”に酔いしれて下さい。(3回目)

上から背甲、腹甲
d0077078_1171568.jpg

d0077078_1173076.jpg

[PR]
# by syosyo828 | 2006-07-27 23:59 | 和カメ

我が家のカメ紹介01~カンムリガメ

d0077078_14255254.jpg

2006年7月19日に迎えました、カンムリガメ(Hardella thurjii indi)です。
亜種は多分インダスでしょう。肋甲板に断続的なキールがみられます。
っていきなりマニアックですねw カンムリガメの知名度は低いですよね。
一言で言うとカワガメ系です。でも頻繁に陸に上がり、乾かします。
この個体は、他の個体より黄色が強い気がしますw
まぁそれも成長につれて黒くなってしまうんでしょうけどね…

オリエンタル系なので、やはり手はヒラヒラとしています。
水質悪化に弱いという事なので、硅砂を敷いてポンプで水を回しています。
最悪の場合甲羅が溶けてしまうようです… (((( ;゚Д゚)))ガクガクブルブル
動きを見ているとセタカガメ属に似ていますね。
やはり生息地が同じだと、形態も似てくるのでしょうか。

今はモロヘイヤを(カルシウムが多いので)上げています。むしゃむしゃ食べます。
問題は、♀になったらどうしようという事です… 結構深刻です。
♀はMAX60cmですからw なのに♂はMAX17cmです。不思議ですね。
現地では1匹の♀に多数の♂が群がって交尾をするようです。

上から背甲、腹甲、息継ぎ時の写真
d0077078_14374721.jpg
d0077078_1438177.jpg
d0077078_14381025.jpg

※2006年8月18日に亡くなりました…
[PR]
# by syosyo828 | 2006-07-26 14:43 | バタグール系

はじめてのにっき

( ´ー`)フゥー...
とうとうBlogデビューです。非常に緊張しておりますw
何でBlogを始めたのか… それはただ一つ、カメの話がしたいからw
今まではノーマルな自分のHPで毎日日記を書いており、
そこにカメの話も書いていました。しかし…
分からないですよねw サバンナヨコクビ日本発入荷!!って書いても…

あと写真を載せての日記は非常に憧れていました。
これからは自分のカメや他の爬虫類、それに何処かで撮影した写真等、
面白くも無い普通の写真をバシバシ載せていこうと思います。

早速明日から、自分の飼ってるカメを紹介していきます。
今現在8匹のカメを飼っているので、8日は更新できますw

ちなみにこの頭は僕自身のものです。(セルフショットですw)
d0077078_204382.jpg

[PR]
# by syosyo828 | 2006-07-25 23:59 | 雑記
line

もうどうしたら良いのか分かりません、日々何かに食らい付くようにしぶとく生きる、きっと未来は明るいぞ


by syosyo828
line
クリエイティビティを刺激するポータル homepage.excite
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30