【カメが】IMMATURE GUY【好きです】

syosyo.exblog.jp ブログトップ

席替えに潜むドラマ

今日学校で、第2学年の最後となる席替えイベントを行いました。
僕は後期の室長になってからこのイベントの係をやっているのですが、
僕が係になった10月から5回連続、何故か一番後ろの席でした。
別に仕組んでる訳でもなく、特別神様にお願いしている訳でもないのに、
凄く低い確率で5回連続一番後ろの席のくじを引き当てていました。
どれぐらい低い確立かというのを、少し長いですが説明します。
まず僕の学校には、1学年360人の生徒がいます。
3年間360人でやっていく訳ですが、5回連続席が一番後ろになるのは、
この3年間で360人の中のたった1人だという事になります。
言い換えると、3年にたったの1人しか、この貴重な体験を味わえないという事です。

そんな前置きもあって、今日の席替えは緊張していました。
学校で授業があるのは、残り2日しかないのですが、
僕達はただ”席替えをしたい”というだけの理由で、席替えだけを決行しました。
要するに、僕が一番後ろの席になれば、この席替えは成功したも同然でした。

席替えの仕方はやや複雑です。
まず38本の線が書かれた紙に、1人ずつ自分で名前を書いていきます。
これは普通の、曲がる所が無いあみだくじの上の部分です。
下の数字が書いてある部分は、先生が既にランダムに番号をふっていて、
生徒が上に名前を書き終えたら、それと合わせてくじにする仕組みです。
ここまでなら至って普通なんです。
次は係(僕)が、教室内の机の配置を示した表に、ランダムに番号を振ります。
そうする事によって、2重のランダムが完成する訳です。
当然、誰も席替えを仕組む事はできません。先生さえもです。

最後は僕がその番号を読み上げて、皆に分かる様黒板に書くだけです。
僕はくじの左の方に自分の名前を書いていたので、右の方から名前を読みました。
○○君、何番!! ○○さん、何番!! …教室中が歓喜に溢れています。
僕は自分で読みながら、一番後ろの席が埋まらないと良いなと思っていました。
ところが、3分の2程読んだ時、とうとう一番後ろの席が全部埋まってしまいました。
僕は落胆しました。が、直ぐに気を取り直して読み始めました。

残った席を見てみると、既に前の方しか空きがありませんでした。
もし1番前の、真ん中の席になったらどうしよう…ずっとそうならない様願っていました。
読み進めていくと、とうとう僕の番が近づいてきました。そして僕の番へ。
残る席は、一番前が2つ、2番目が2つ、3番目が1つという様な感じでした。
一番前の真ん中の席の一方には、何故か僕の相方が決定していました。
「もし此処で、1番前の真ん中の一方の21番のくじを引いたら、どれだけ面白いだろう…」
変な話ですが、クラスの皆がこう思っていたと思います。
それは、5回連続で一番後ろの席になった罪を清算すると共に、
コンビで一番前の真ん中の席になるという、2重の奇跡の予感がしたからです。

…とうとう自分のくじを読み上げるときが来ました。
直前まで自分の番号を指で隠していたので、凄く緊張していました。そして…
「えー、○○(苗字)君、ってアーッ!! …………21番!!!!」
キタ━━━ヽ(∀゚ )人(゚∀゚)人( ゚∀)人(∀゚ )人(゚∀゚)人( ゚∀)ノ━━━ !!!
やってしまいました、運命のくじを引き当ててしまいました。
奇跡って本当にあるんですね、全く望んでいませんでしたが…
A miracle was here really!!
[PR]
by syosyo828 | 2007-03-08 23:59 | 雑記
line

もうどうしたら良いのか分かりません、日々何かに食らい付くようにしぶとく生きる、きっと未来は明るいぞ


by syosyo828
line
クリエイティビティを刺激するポータル homepage.excite
カレンダー
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30